ヒト幹細胞の驚くべき美容効果とは?副作用についても

幹細胞とは?

ヒトの身体は数多くの細胞で構成されており、皮膚や血液のように、ひとつひとつが細胞が集まって出来ています。

その数多くの細胞のなかで細胞の寿命が短い細胞が存在します。

皮膚や血液のように、ひとつひとつの細胞の寿命が短く、絶えず入れ替わり続ける組織を保つために、失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞。こうした能力を持つ細胞が「幹細胞」です。

細胞を修復する能力が肌の再生や若返りに効果的と近年注目を集めています。

幹細胞の特徴

幹細胞が、分裂して自分と同じ細胞を作ることができる「自己複製能力」をもちつつ、自分とは異なる細胞に変化(分化)して、さまざまな組織が作られていきます。

発生の初期の段階である胚盤胞期の胚には、身体を構成するほとんどすべての細胞に分化可能な細胞が存在します。その細胞を取り出して培養した幹細胞は、身体を構成するほとんどすべての細胞に分化可能なES細胞です。

ES細胞とほとんど似た性質をもつiPS細胞と合わせて多能性幹細胞と言われています。多能性幹細胞は内胚葉や中胚葉、外胚葉へと分化することができます。一方、組織幹細胞や体性幹細胞など、限られた複数の種類の細胞に分化可能なものを多分化能幹細胞と言います。

これらの細胞は、特定の細胞に分化させて細胞の性質を調べる基礎研究だけでなく、薬の候補を探す「創薬スクリーニング」や、細胞自体を薬として患者に移植または投与する「再生医療」などでも用いられています。

しかし、多能性幹細胞の培養は、従来利用されてきた体細胞とは異なる点が多く、未分化性の維持や、研究結果の再現性の担保が難しいと言われています。

ヒト幹細胞の効果

ヒト幹細胞エキスは、ヒト(人)由来の幹細胞エキスです。

美容成分として効果が高く安全で、シワの改善・抗酸化作用などが期待できます。

このヒト幹細胞を培養したものが幹細胞コスメに使用されています。

この培養液には、幹細胞が分泌した成長因子や酵素、コラーゲン、ヒアルロン酸などがたっぷり含まれています。

特に、ターンオーバーを促してシミやくすみのないなめらかな肌へと導くEGF(上皮細胞成長因子)や、真皮の線維芽細胞に働きかけてハリや弾力をもたらすFGF(線維芽細胞成長因子)、ダメージを受けた細胞の修復やコラーゲンの合成を促進するPDGF(血小板由来成長因子)など、他の類を見ないほどの多数の成長因子を含有している点は大きな強みです。

肌本来の再生力にアプローチすることで、シワやたるみのない若々しい肌へと導くことが期待されています。

ヒト幹細胞エキスをキー成分としたものは、肌になじみやすく、アレルギー反応を起こしにくいことから、美容業界だけでなく、エイジングケアにこだわる人たちの間でも、徐々に注目されるようになってきています。

実際に学術発表された生理的活性効果としては、シワ改善・防止効果、美白効果、発毛・増毛効果、抗酸化作用などがあります。

ヒト幹細胞に副作用はある?

再生医療に関しては近年研究・開発も進んでおり、さらに安全性は確率されてきています。

幹細胞培養液に関しても、元々副作用やアレルギーの心配がほとんどないということで注目されていましたが、現在はさらに高い安全性の元で提供できるような形となっています。

結論から言うと、幹細胞培養液の副作用が出る可能性はかなり低いです。
なぜなら、幹細胞を直接使っているわけではないためです。

幹細胞培養液というのは幹細胞を培養した時に使う液体を指します。
ヒトの脂肪組織や臍帯組織などから幹細胞を抽出するのですが、採取した幹細胞は培養液の中に入れて増殖させます。

再生医療の場合、増殖させた幹細胞を再び体内へ戻すことになりますが、幹細胞培養液は増殖させた幹細胞ではなく培養液の方を使っているのです。

幹細胞培養液が提供される場合は幹細胞片が残っていないよう、精製作業が行われています。

この精製に関しては厚生労働省が基準を定めており、その管理体制の中で行っていくため、副作用が起きる心配はないでしょう。

COLUMN