ヨガマットの選び方。代表的な人気のヨガマットのブランドやメーカーについても

ヨガマットにはさまざまなサイズがありますが、現在主流となっているのが長さ約180cm×幅約60cmのタイプです。

これよりも大きいものだと、保管に場所をとったり持ち運びに不便などのデメリットがあります。

ヨガスタジオなどに通ってヨガを行う場合、あまり大きなヨガマットは、他の方のスペースを取ってしまうため、使用を禁止されることがあります。

また、ヨガマットの厚みもとても重要です。

タイプは大きく、薄め(2mm以下)、普通(3~5mm)、厚め(6mm以上)の3種類に分かれます。

厚い素材はヒザをついたときに痛くなく、寝たときにふかふかしてラクなので逆立ちをするなどのときには安心感があります。

ただ厚すぎるものは逆に体を固定できず揺らぎが出てしまいます。ヨガマット選びでは、ちょうどよい厚みと広さを選ぶ必要があります。

ヨガマットの持ち運びは意外と面倒なので、ヨガスタジオに通う方はスタジオに置きっぱなしにしている方が多いです。

ただし、ヨガマットを保管できるスペースには限りがあるため、あまり厚めのヨガマットの場合、保管を断られる可能性があります。

ヨガマットを素材で選ぶ

ヨガマットには大きく分けて3種類の素材があります。

PVCは、従来から使われている素材で安価でコスパは抜群です。クッション性や安定感があり、軽量で持ち運びにも便利です。ただしデメリットとして水洗いできないものもあります。

天然ゴム・合成ゴムは、弾力やグリップ力に優れた素材です。耐久性が高く長く使えますが、やや重量があるので持ち運びには不便な面もあります。天然ゴムは臭いが気になることもありますが、合成ゴムはほとんど臭いはありません。

TPEは、現在主流となりつつある新素材で、重さが1㎏を切るものがあるなど軽くて扱いやすい素材です。臭いがほとんどなく水洗いができるなど手入れが簡単なのが特徴です。

ヨガマットを通販で買う

通販で商品を購入する際に、レビューを確認する方も多いと思いますが、ヨガマット選びでもレビューの確認が大事になってきます。

レビューで手足が滑らない、滑りにくいとあれば、グリップ力の高い商品である可能性が高くなります。こうした文言が多い商品は安全性の高い商品だと言えます。

また、伸びない、伸びにくいといったレビューがあれば、その商品は伸縮性が低い商品である可能性が高くなります。そうした商品は安定したポーズを維持することができます。

こうしたレビューは非常に重要です。複数のレビューを見て判断するとよいでしょう。

おすすめのヨガマットブランド

ヨガマットを販売しているブランドはたくさんあります。

それぞれのブランドの特徴をまとめてみましたので、ヨガマット選びの参考にされてみてください。

持ち歩き派、自宅派など目的によって商品のチョイスも変わってきます。

どのメーカーのものが、どんな素材が長持ちするのか、試していくのも楽しみの一つですが、多くの方は自分の上達の度合いに応じてマットを変えていきますので、それぞれのブランドの特徴を把握しておきましょう。

プラナ(Prana)

元々はクライミング用のウェアを作るブランドとして登場していましたが、現在では再生可能な素材を利用したヨガマットで人気を獲得しており、特にプラナはリバーシブルのヨガマットを作ることで知られています。気分によって表裏を使い分けることができるため、1本で2本分のお得感があります。

ジェイドヨガ(Jade Yoga)

天然ゴムの良質なヨガマットを生み出すブランドとして知られているジェイドヨガは、もともと絨毯の滑り止めマットを製造するブランドでした。

その頃の技術と経験で、高い滑り止め効果をもったヨガマットを豊富に取り扱っています。滑りにくさはケガしにくさにもつながるので、特に初心者の方におすすめです。

マンドゥカ(Manduka)

今や最高級のヨガマットとされている「ブラック マット」を生み出したブランドであり、マンドゥカの生み出す高い機能性と耐久性を両立させたヨガマットは、一生モノのヨガマットと称される逸品です。

滑り止め素材で仕上げられおり、グリップ力に優れ、どんなポーズを取っても足や手が滑ることがありません。安全にヨガを行うことができます。

伸縮性も低いため、マットが伸びて足がズレる心配もありません。

適度なクッション性を備えているので、硬いフローリング床の上でも体を痛めることなくヨガに集中できます。

触感もよく滑らかで臭いもほとんどありません。

ヨガマットの最高峰のブランドと言えます。

ヨガワークス(Yoga Works)

日本国内では定番中の定番といえるヨガマットのブランドがヨガワークス、数多くのヨガスタジオで貸し出し用のヨガマットとして使用されているほか、百貨店や東急ハンズといった場所でも取り扱われている最も知名度のあるブランドです。

COLUMN